top of page
検索

「味の歴史は街の歴史」

更新日:2022年2月19日


もうすぐ春だと思いきや、まだまだ寒さを感じます。

そんなときは、あったかいお鍋で暖まりたい🍲


福岡の食文化で鍋料理は欠かせませんよね!

その代表格「水炊き」✨

典型的な日本料理と思われがちですが、実は西洋料理と中華料理がルーツなんです!


考案者の林田さん(長崎生まれ)が10代のころ香港で料理を学び、西洋料理のコンソメと中華料理の鶏の水煮を日本人好みにアレンジして生まれたのが博多水炊き。

博多でお店を開いたときは、大きな評判となったそうです。


福岡は外交の街として、11世紀以前から栄えてきました。

内外との長い交流の歴史が訪れる人を快く受け入れる気質を育み、食文化の融合・調和に繋がったようです。


美味しいものには、もれなく笑顔が付いてくる☺ 文:仮屋佳高







Comentarios


bottom of page